JR南武線「武蔵新城駅」から徒歩1分の婦人科 産科 新城女性のクリニック|女医 川崎市 子宮がん検診 ピル 妊婦健診 武蔵新城 武蔵溝ノ口 中原区


JR南武線「武蔵新城駅」から徒歩1分の婦人科 産科 新城女性のクリニック|女医 川崎市 子宮がん検診 ピル 妊婦健診 武蔵新城 武蔵溝ノ口 中原区

月・火・水・金は9:30~13:30、15:00~18:30|土曜は9:30~13:30|木曜、土曜午後、日・祝は休診 受付は診療終了時間の30分前まで

電話番号0448728120

新城女性のクリニックは予約制となっております(当日予約も可能です)

コルポスコピー検査

コルポスコピー検査とは

コルポスコピー検査とは、コルポスコピーという膣や子宮の頸部の表面を拡大する顕微鏡のことで、これを使い細かい部分を観察する検査のことです。6~40倍に拡大することが可能なので、肉眼では見られない病変を発見することができます。
通常、コルポスコピーでの観察と、異常が疑われる部位の病理検査(組織診)の結果とあわせて診断します。

どのようなときにコルポスコピー検査が必要になるの?

コルポスコピー検査は、子宮頸がん検診(細胞の検査)で異常が指摘された方を中心に行っております。
検査の目的は、病変の範囲や程度を確認したり、明らかながんがないかどうかを確認することです。
そのため、精密検査として組織検査を行うときや、細胞異常の方の経過観察の際に行います。

定期的に子宮頸がん検診を受けましょう

子宮頸部の異常は長期にわたる場合もございますので、まずは定期的な子宮頸がん検診を受けるようにしましょう。

このページの先頭へ戻る