JR南武線「武蔵新城駅」から徒歩1分の婦人科 産科 新城女性のクリニック|女医 川崎市 子宮がん検診 ピル 妊婦健診 武蔵新城 武蔵溝ノ口 中原区


JR南武線「武蔵新城駅」から徒歩1分の婦人科 産科 新城女性のクリニック|女医 川崎市 子宮がん検診 ピル 妊婦健診 武蔵新城 武蔵溝ノ口 中原区

月・火・水・金は9:30~13:30、15:00~18:30|土曜は9:30~13:30|木曜、土曜午後、日・祝は休診 受付は診療終了時間の30分前まで

電話番号0448728120

新城女性のクリニックは予約制となっております(当日予約も可能です)

妊婦健診

当クリニックでは、妊娠の診断と妊婦健診を行っております。
関東労災病院日本医科大学武蔵小杉病院帝京大学医学部附属溝口病院で分娩する方は、セミオープンシステムを利用して、妊娠30週までの妊婦健診を当クリニックで行うことができます。
その他の病院で分娩する方は、原則として妊娠初期の診察のみ対応させていただきます。

セミオープンシステムとは

セミオープンシステムとは、普段の妊婦健診はクリニックで受けていただき、何かあった場合や分娩時は病院で対応してもらうクリニックと病院の連携システムです。妊娠初期に当クリニックからの紹介状をお持ちになって病院を受診し、分娩予約をとります。

セミオープンシステムのメリット

  • 大きな病院に比べると待ち時間が少なく、気軽に妊婦健診を受けていただけます。
  • 緊急時には連携先の病院にて対応してもらうことができます。

自治体から妊婦健診費用の一部が助成されます

妊婦健診は自費診療となりますが、区市町村の自治体から配布された補助券を使用することができます。

そのため医療機関の窓口では、実際にかかった費用から補助券分を差し引いた金額だけのお支払いとなるため、経済的な負担も軽減されます。


妊婦健診の流れの目安

妊娠5~8週目
初診、超音波検査
胎児心拍を確認するまで1~2回診察をします。
妊娠9~10週目
妊婦健診(1回目):エコー検査、妊娠初期血液検査*、子宮がん検診*
*帝京大学溝口病院で分娩する方は、妊娠10週頃にこの検査を病院で行います。
妊娠11~12週目
妊婦健診(2回目):妊娠初期検査の結果確認、エコー検査
妊娠16週目
妊婦健診(3回目):エコー検査、クラミジア検査
妊娠20週目
妊婦健診(4回目):エコー検査
妊娠24週目
妊婦健診(5回目):エコー検査、妊娠糖尿病スクリーニング
妊娠26週目
妊婦健診(6回目):エコー検査
妊娠28週目
妊婦健診(7回目):エコー検査、貧血検査
妊娠30週目
妊婦健診(8回目):エコー検査、紹介状お渡し

このページの先頭へ戻る