JR南武線「武蔵新城駅」から徒歩1分の婦人科 産科 新城女性のクリニック|女医 川崎市 子宮がん検診 ピル 妊婦健診 武蔵新城 武蔵溝ノ口 中原区


JR南武線「武蔵新城駅」から徒歩1分の婦人科 産科 新城女性のクリニック|女医 川崎市 子宮がん検診 ピル 妊婦健診 武蔵新城 武蔵溝ノ口 中原区

月・火・水・金は9:30~13:30、15:00~18:30|土曜は9:30~13:30|木曜、土曜午後、日・祝は休診 受付は診療終了時間の30分前まで

電話番号0448728120

新城女性のクリニックは予約制となっております(当日予約も可能です)

お悩みから探す
SEARCH

症状や不調のお悩み

生理が重い・生理痛が強い

多くの女性の悩みとなる生理痛ですが、痛みの程度や痛む場所などは人それぞれ違います。
生理の時の痛みはあって当たり前のように思われているかもしれませんが、それは何らかの病気のサインかもしれません。
生理が重い、生理痛が強いと感じられている場合、我慢をせずに一度ご相談ください。

考えられる病気
機能性月経困難症
子宮筋腫
子宮内膜症

生理前のイライラ・不調

女性の心身の状態はホルモンのバランスによって変化しています。生理の際にはそのホルモンの上昇があるため、精神状態も大きく変動しやすくなります。どうしてイライラしてしまうのか、その原因を突き止めることで、感情の波をコントロールできるようになりましょう。食事や睡眠などの生活習慣がかかわっている場合もありますので、まずは医師にご相談してみてください。

考えられる病気
月経前症候群(PMS)

生理以外の出血がある

生理以外で出血があった場合、子宮や膣に原因がある可能性が高いです。また、ホルモンバランスの崩れや妊娠による出血も考えられます。
出血をご自身で観察しても、病気かどうかの判別はできません。様子をみてよいもの、治療できるものがほとんどですが、万一悪性の病気がかくれていたら大変です。原因の特定のためにも、一度婦人科を受診することをおすすめします。

考えられる病気
生理不順
子宮頸管ポリープ
膣炎・子宮頸管炎
切迫流産
子宮外妊娠
子宮頸がん
子宮体がん

下腹部の痛み

生理前や生理中でもないのに、お腹の、おへそより下が痛いと感じたら、子宮や卵巣に病気があるのかもしれません。
子宮や卵巣の病気は、将来的に不妊症につながってしまうものや、治療が遅れると子宮の摘出をしなくてはならない場合もあります。婦人科では超音波検査などで異常を判別できますので、痛みを感じた場合には我慢をせずに、すぐに受診するようにしましょう。

考えられる病気
卵巣のう腫
卵巣出血
子宮内膜症
子宮筋腫
骨盤腹膜炎

デリケートゾーンのかゆみ

デリケートゾーンのかゆみは、かぶれや感染症などの原因が考えられます。また、生理時のホルモンバランスの崩れが原因となる場合もありますが、そちらは一時的なもので、生理の終わりとともに症状がなくなっていきます。
しかし、なかなかかゆみが治まらない場合は、感染症も疑われるので注意が必要です。かいてしまうと腫れができてしまう恐れもありますので、不快な症状があったらすぐに婦人科を受診してみてください。

考えられる病気
カンジダ膣炎・外陰炎
接触性皮膚炎(かぶれ)
トリコモナス膣炎
性器ヘルペス症

おりものが気になる(量・におい・色)

おりものには個人差があります。
ですが、普段のおりものに比べて量が多かったり、強いにおいがしたり、色がついている場合は何か病気が隠れているかもしれませんので、一度ご相談ください。

考えられる病気
腟炎
性感染症
子宮頸管ポリープ

不妊のお悩み

当クリニックでは不妊のお悩みに関してもご相談をお受けしております。
妊娠の希望や不妊に対する考えは人それぞれですが、妊娠を望まれている方はなかなか妊娠できないと不安や焦りを感じてしまいます。
赤ちゃんが欲しいと思いながらも、なかなか妊娠できず不安に思われている方、原因がわからずお悩みの方など、一度ご相談ください。
不妊についてはこちらをご覧ください

イライラ・のぼせ・だるさ

女性は40代後半から50代前半にかけて閉経を迎えます。 これには女性ホルモン「エストロゲン」の減少が関わっており、イライラ・のぼせ・だるさ・発汗などの症状が現れることがあります。

考えられる病気
更年期障害

妊婦健診・がん検診・予防接種

妊婦健診

当クリニックで妊婦健診を受けていただけます。
妊婦健診の詳細はこちらをご覧ください

子宮頸がん検診

子宮頸がんは通常のがんとは異なり、20~40代という若い世代の患者さんが多く、妊娠年齢と重なる病気です。
定期的な検査で早めに異常を発見できれば、しっかり治療ができるものですので、ぜひ検診を受けてみてください。
詳しくはこちら

避妊や生理日に関するお悩み

生理をずらしたい

旅行などのイベント日と生理が重なってしまった場合、困った経験はありませんか?
生理周期はコントロールすることができます。

避妊したい、避妊に失敗した

女性にとって妊娠は人生の大きな分岐点になる事もあります。
ご自身のキャリア形成にも大きな影響を与えることですので、望まない妊娠を避けるためにも、しっかりとした避妊の知識が必要になります。また、ご自身だけでなく、周囲やパートナーの理解、協力も得るようにしましょう。
もし、妊娠を望んでいないのに避妊がうまくいかなかった場合、お薬による緊急避妊(アフターピル)があります。
お悩みの場合にはご相談ください。

予期せぬ妊娠をして戸惑っている

予定外に妊娠した場合、ご自身で判断や決断ができずお困りになることもあると思います。
当クリニックでは、県や市の相談窓口の案内や、安全で後に悪影響を残さない手術のご説明をしております。
いろいろ考えた結果、どうしても妊娠を継続することができないという場合、初期の妊娠中絶手術に対応しております。手術までに様々な準備が必要になりますので、希望される方は早めの受診をお願いいたします。
どうしてよいかわからず困っているという方も、ご相談ください。詳しくはこちら

このページの先頭へ戻る